wreducecols

内容

  1. 1 メニュー情報
  2. 2 概要
  3. 3 追加の情報
  4. 4 コマンドラインでの使用法
  5. 5 変数
  6. 6 説明
  7. 7 サンプル
  8. 8 関連のXファンクション

メニュー情報

列の削減

概要

削除または統合によってワークシートの列を減らします。

追加の情報

必要なOriginのバージョン: Origin 9.1 SR0以降

コマンドラインでの使用法

wreducecols method:=merge ncols:=2 merge:=ave start:=3; //3列目以降、2列分の平均値で列を統合する

wreducecols start:=2 end:=9 ow:=[<new>]<new>; //削除する開始列と終了列を選択し、結果を新規ブックの新規シートに出力

変数

表示名 変数名 I/Oとタイプ デフォルト値 説明
ワークシートの入力 iw

入力

Worksheet

<active>

入力データ範囲を指定します。
削減方法 method

入力

int

0

減算法を指定してください。

オプションリスト

  • 0: del(N列を削除し、M列をスキップする)
N列を削除し、M列をスキップする
  • 1: merge (統合した値でN列減らす)
N列毎にデータポイントを、指定した値に統合します。
列を統合/削除 ncols

入力

int

1

何列を統合または削除するか指定してください。
このオプションは削減方法で、N列を削除し、M列をスキップするまたは統合した値でN列減らすが選択されている時のみ利用できます。
列をスキップ skip

入力

int

1

何列をスキップするか指定してください。
このオプションは削減方法で、N列を削除し、M列をスキップするを選択した時のみ利用可能です。
統合する方法 統合

入力

int

0

統合されたデータポイントを置き換えるための値を指定してください。
このオプションは削減方法で、統合した値でN列減らすを選択した時のみ利用可能です。

オプションリスト

  • first:最初のポイント
N個分のデータポイントを最初のデータポイントに統合します。
  • last:最後のポイント
N個分のデータポイントを最後のデータポイントに統合します。
  • ave:平均
N個分のデータポイントをデータポイントの平均に統合します。
  • min:最小
N個分のデータポイントをデータポイントの最小値に統合します。
  • max:最大
N個分のデータポイントをデータポイントの最大値に統合します。
  • sum:合計
N個分のデータポイントをデータポイントの合計に統合します。
  • sd:SD
N個分のデータポイントをデータポイントの標準偏差に統合します。
統合/削除の開始列 start

入力

int

1

統合/削除の開始列を指定してください。
統合/削除の終了列 end

入力

int

-1

統合/削除の終了列を指定してください。スクリプトのみでアクセス可能
出力 ow

出力

Range

<input>

出力範囲を指定します。シンタックスはここをご覧ください。

説明

このXファンクションは列を削除したり、特定の統計データで統合する際に使用します。

サンプル

  1. 新規ワークブックを作成して、<Originプログラムフォルダ>\Samples\Curve FittingにあるOriginのサンプルデータ、Step01.dat をインポートします。
  2. ワークブックがアクティブな状態で、ワークシート:列の削減を選択してwreducecolsXファンクションダイアログを開きます。以下のようにオプションをセットします。
    削減方法:N列を削除し、M列をスキップする
    列を削除: 1
    列をスキップ: 1
    削除の開始列:4
    wreducecols<新規>
  3. OKをクリックすると列を削減し、結果は新しいシートに出力します。

関連のXファンクション

wreducerows, reducerows, wdelrows