FAQ-707 プロジェクトエクスプローラのプレビューやスマートヒントを無効にするには?

最終更新日:2019/12/29

スマートヒントプロジェクトエクスプローラのプレビューは、データの検索の際などに便利な機能です。しかし、ヒントとプレビューを使用したくない場合は、システム変数によってそれらを無効にすることができます。

スマートヒント

現在のセッションでスマートヒントを無効にしたい場合は、次のようにします。

スクリプトウィンドウ( メニューの「ウィンドウ:スクリプトウィンドウ」 )を開き、次のスクリプトを入力し、スクリプトを選択してEnterキーを押します。

 @SHS=0;


セッション内で、デフォルトの値に戻したい場合は、次のようにします。

  1. 次のスクリプトを実行します。
     @SHS=1;
  2. その後メニューの「ヘルプ:全てのヒントの復活」を選択します。


Note: この方法で無効にした設定は現在のセッションでのみ有効です。Originを再度起動すると、これらの変数はデフォルトの値に戻ります。

変更を「永続的」にするには、次のようにします。

  1. メニューの環境設定:システム変数を選択します。
  2. 「システム変数を設定」ダイアログの「変数」列に"SHS" を入力します("@"は不要です)。 「値」列には "1" を入力します。

こちらのFAQトピックもご覧ください。

プロジェクトエクスプローラのプレビュー

Originのプロジェクトエクスプローラのイメージプレビューを無効にしたい場合は、

スクリプトウィンドウまたは「システム変数を設定」ダイアログで

@PESS = -1;

と設定します。

Note: 特定の種類のウィンドウのプレビューのみを無効/有効にすることはできません。


デフォルトの設定に戻すには、

スクリプトウィンドウまたは「システム変数を設定」ダイアログで次のように設定します。

@PESS = 7;

Note: プレビュー機能を有効にするために、@PESSに他の値を(-1の代わりに )設定できます。 必要に応じて、システム変数リスト目的の値を選択してください。

プロジェクトエクスプローラのコメントツールチップ

@PESHを設定して、プロジェクトエクスプローラでのワークブックコメントツールチップを無効/有効にします。

@PESH=0 // コメントのプレビューを無効化
@PESH=1; // コメントのプレビューを有効化

キーワード:スマートヒント, ヒント, プロジェクトエクスプローラ, コメント