ファイル、WebのURL、ワークシートセルからの画像を挿入

Origin 2022bから、ファイル、WebURL、ワークシートセルにから画像を挿入できます。

UG InsertImage to text label.png

ファイルまたはWebから画像を挿入する

画像ファイルまたはWebのURLからテキストオブジェクトに画像を挿入できます。どちらの場合も、画像は埋め込まれるのではなくリンクされ、(a)プロジェクトサイズを抑え、(b)元の画像が変更された場合は挿入画像も更新されます。

  1. プロット操作・オブジェクト作成ツールバーで、テキストツールButton Text Tool.pngをクリックしてからグラフ上で一度クリックして、インプレース編集モードにします。あるいはグラフ上で右クリックして「テキストの追加」をクリックします。
  2. 必要に応じてテキストを入力してから、画像を挿入する際は右クリックして挿入:ファイルからの画像またはWebからの画像を選択します。
    • ファイルから画像を挿入する場合は、ローカル画像ファイルを参照して開くをクリックします。
    • Webから画像を挿入する場合は、URLが必要です。(Web画像を右クリックして画像アドレスのコピー画像リンクのコピーといったメニューでアドレスをコピーできます)。

画像の挿入に使用される構文を調べる(または変更する)には、挿入されたオブジェクトを選択し、プロパティを選択します。テキストオブジェクトダイアログでは、次のような内容が表示されます。

サンプル:

\img(file://"C:/Program Files/OriginLab/Origin2022b/Samples/Image Processing and Analysis/white camellia.jpg",w=200) 
\img(https://www.originlab.com/images/header_logo.png, w=200)

... オプション "w=" は導入画像のピクセル単位の幅です(デフォルト)。幅は、プロパティの"w="値を編集するか、幅が指定されていない場合はオブジェクトの選択ハンドルをドラッグするだけで変更できます。

ワークシートセルから画像を挿入する

ワークシートのセルからテキストオブジェクトに画像を挿入することもできますが、メニューオプションはなく、特別な構文を使用する必要があります。構文は複雑ではなく、\cell( )エスケープシーケンスをセル参照(範囲参照[Book1]Sheet1!col(C)[1])または名前付き範囲参照と組み合わせたものです。

  1. プロット操作・オブジェクト作成ツールバーで、テキストツールButton Text Tool.pngをクリックしてからグラフ上で一度クリックして、インプレース編集モードにします。あるいはグラフ上で右クリックして「テキストの追加」をクリックします。
  2. 以下の例をガイドとして使用して、文字列をテキストオブジェクトに入力します。
    • 文字列(e.g. \cell([Book1]Sheet1!B[1]))をコピーして貼り付け、テキストオブジェクトの外側をクリックして編集モードを終了します。テキストオブジェクトにセルの画像が表示されます。
    • 編集モードのテキストオブジェクトに直接入力する場合、構文(e.g. \cell([Book1]Sheet1!B[1])) を入力し、オブジェクト上で右クリックしてプロパティを選択してテキストタブで、セル参照から先頭の "\" を削除します(Originはテキストオブジェクトに入力された "\" 文字を自動的に「保護」するため、"\"を1つ削除する必要があります。エスケープシーケンスを参照してください。)
    • テキストオブジェクトのプロパティダイアログに直接入力する場合は、構文(e.g. \cell([Book1]Sheet1!B[1])) を直接入力し、セルの画像を表示します。


サンプル:

\cell([Book1]1!col(C)[2]) // Book1, Sheet1, col C, row2, サイズ = 現在のフォント高さ
\cell(alpha,200) // 名前付き範囲 "alpha", 幅=200 理論ピクセル
\cell(alpha,h=300) // 名前付き範囲"alpha", height=300 理論ピクセル