プロット操作・オブジェクトの作成 - ツールバー

Button Tools.png

プロット操作・オブジェクトの作成ツールバーには、データ選択、マスキング、軸スケールの一部の拡大、注釈付け、描画のためのボタンが用意されています。関連するプロットタイプはグループ化され、ツールバーボタンの右にあるSwitchtool.pngボタンをクリックして、ポップアップメニューからアクセスすることができます。

Button Pointer.png

デフォルトのオブジェクト選択モードで使用されます。

Button Zoom In Tool.png

軸のスケールの一部を拡大します。

矩形をドラッグして(拡大アイコンMagnifying icon.pngが表示されている状態で)連続してグラフを拡大し、グラフの領域を表示します。

拡大モードを終了するには、ESCキーを押します。この拡大モードでは、このボタンをダブルクリックするとグラフのスケールが復元され、グラフをダブルクリックすると拡大グラフが作成されます。

Button Zoom Out Tool.png

軸スケールの値を前の 開始 および 終了 の値に戻します。

Button Screen Reader.png

ページ上のXY(および3Dの場合はZまたは輪郭)の位置を読み取ります。

Button Data Highlighter.png

選択したデータポイントをグラフ内で強調表示し、対応するワークシート行で非選択ポイントおよびワークシート行を消します。

  • Ctrlキーを押しながらランダムなポイントまたは行を選択します。
  • マウスをドラッグして複数の点を選択し、スペースバーを使用して長方形または自由形式の選択モードを切り替えます。
Button Data Reader.png

データポイントのXY(およびZ)位置を読み取ります。

Button Data Cursor.png

カーブに沿った1つ以上の点にカーソルオブジェクトを付加します。同じ曲線や異なる曲線にカーソルを配置し、データ情報ディスプレイを使用してカーソル間の相対位置を表示することができます。

Button Data Selector.png

データの範囲を定義します

Button Selection On Active Plot.png

アクティブなデータプロットの領域を選択します。

キーボードショートカット:

  • スペースバーは長方形/自由形状の形状を制御します。
  • タブはアクティブなプロット/複数のプロットを制御します。
Button Selection On All Plots.png

複数のデータプロットから領域を選択します。キーボードスペースバーを押すと、長方形と自由形式の選択モードが切り替わります。

キーボードショートカット:

  • スペースバーは長方形/自由形状の形状を制御します。
  • タブはアクティブなプロット/複数のプロットを制御します。
Button Mask On Active Plot.png

選択した領域内のアクティブなデータプロット内のマスクポイント。

キーボードショートカット:

  • スペースバーは長方形/自由形状の形状を制御します。
  • タブはアクティブなプロット/複数のプロットを制御します。
  • Shift + Tabキーでマスクされたポイントを追加/削除できます。
Button Mask On All Plots.png

選択した領域にある全データプロット内のマスクポイント。プロットはグループ化する必要はありません。

キーボードショートカット:

  • スペースバーは長方形/自由形状の形状を制御します。
  • タブはアクティブなプロット/複数のプロットを制御します。
  • Shift + Tabキーでマスクされたポイントを追加/削除できます。
Button Mask On Active Plot.png

選択した領域内で、アクティブなデータプロットからポイントをアンマスクします。

キーボードショートカット:

  • スペースバーは長方形/自由形状の形状を制御します。
  • タブはアクティブなプロット/複数のプロットを制御します。
  • Shift + Tabキーでマスクされたポイントを追加/削除できます。
Button Unmask On All Plots.png

選択した領域内で、全データプロットからポイントをアンマスクします。プロットはグループ化する必要はありません。

キーボードショートカット:

  • スペースバーは長方形/自由形状の形状を制御します。
  • タブはアクティブなプロット/複数のプロットを制御します。
  • Shift + Tabキーでマスクされたポイントを追加/削除できます。
Button Draw Data.png

データプロットの描画

Button Text Tool.png

テキストオブジェクトを作成する

Button Data Annotation.png

選択したデータポイントに隣接して、編集可能な汎用テキストオブジェクト(「アノテーション」と読みます)を付加します。テキストオブジェクトの位置を変更すると、テキストオブジェクトから選択したデータポイントに矢印が描画されます。

Button Panning.png

パンニングします。

Button Insert Word Object.png

Wordオブジェクトを挿入します。

Button Insert Excel Object.png

Excelオブジェクトを挿入します。

Button Insert Equation.png

数式を挿入します。

Button Insert Object.png

オブジェクトを挿入します

Button Arrow Tool.png

矢印オブジェクトを作成します

Button Curve Arrow Tool.png

曲線矢印オブジェクトを作成します

Button Line Tool.png

直線矢印オブジェクトを作成します

Button Polyline Tool.png

折れ線を作成する一度クリックするとアンカーポイントが作成されます。 ダブルクリックして行を終了します。

Button Curve Tool.png

平滑曲線を作成します。一度クリックするとアンカーポイントが作成されます。 ダブルクリックして行を終了します。

Button Free Hand Draw Tool.png

自由曲線を作成するクリックしてドラッグして線を作成します。 マウスボタンを離して行を終了します。

Button Rectangle Tool.png

長方形を作成する

Button Circle Tool.png

円/楕円オブジェクトを作成します。

Button Polygon Tool.png

多角形オブジェクトを作成します。

Button Region Tool.png

フリーハンドで閉じたオブジェクト(領域)を作成します。クリックしてドラッグして領域を作成します。 マウスボタンを離して行を終了します。

Button Rescale Tool.png

Xキーを押してツールを入力し、データをドラッグして移動し、マウスホイールを押してズームします。 Xを制限するCntrl + X、Yを制限するShift + X

Button Rotate.png

回転ツールバーをクリックして、3Dグラフを必要に応じて回転させます。詳細はこちらのページ をご覧下さい。

Button Insert Graph.png

グラフブラウザダイアログを開いて、挿入されたグラフを選択します。

Button Insert Worksheet.png

シートブラウザダイアログを開いて、挿入されたグラフを選択します。

Note: 9.0と9.1のバージョンでは、3D OpenGLには、プロット操作・オブジェクト作成ツールバーを使用できませんでしたが、2015 SR1からは使用して2Dのオブジェクトを挿入できます。