(作図の詳細) 凡例/タイトルタブ


このタブはOriginグラフの自動凡例とタイトル構造を制御します。

Legends titles tab.png

自動凡例

%(1), %(2)の解釈モード

このドロップダウンリストを使って、ワークシート列のヘッダ情報をグラフの凡例で使うことを指定します。

@LM: ユーザコメント (第1行)

デフォルト設定。 コメント行の1行目を使用します(あれば)。 それ以外の場合、列のロングネームを使用します。コメントロングネームも内容を含んでいない場合、対応するショートネームを使用します。

@R: データ範囲

プロットのワークブックデータ範囲。シンタックスは[Workbook]Worksheet!Col(Index)[start index, end index]となります。

@U: ロングネーム と 単位

列ラベル行にあるロングネーム単位を組み合わせて使用します。表示形式は英語板と日本語版で ロングネーム(単位) となり、ドイツ語版では ロングネーム[単位] となります。

ロングネームに内容が無かった場合、代わりにショートネームを使用します。

@LD: ユーザパラメータ 1

指定したデータ列の最初のユーザ定義のパラメータを使用します。

@LA: ロングネーム

対応するデータ列のロングネームを使用します。

@LS: ショートネーム

対応するデータ列のショートネームを使用します。

@LP: パラメータ 1

対応するデータ列の最初のパラメータを使用します。

カスタム

凡例カスタムフォーマット 及び 追加フォーマット (for @L, @V, @WT) 編集ボックスで指定されたカスタムストリングを使います。使用可能な引数については@Optionの完全リストを参照してください。@(Letter) argumentsのような組み合わせがサポートされています。

Notes: リッチテキストフォーマットは列ヘッダ行では有効にでき、これにより上付き/下付きの表示や特殊記号を設定できます。詳細はこちらのクイックヘルプアイテムを参照してください。

凡例オブジェクトを右クリックして、フォーマットのコピー:全てを選択することにより、あるグラフの%(1), %(2)の解釈モードを別のグラフに適用できます(凡例のカスタムフォーマットを含む)。目的の凡例上で右クリックし、フォーマットの貼り付け先:全てを選択します。

凡例のカスタムフォーマット

このコンビネーションボックスは %(1),  %(2)の解釈モードカスタムを選択したときのみ表示されます。 テキストを入力するか、頻繁に使用するフォーマットはドロップダウンリストからも選択できます。

コンビネーションボックスの隣にあるButton Arrow in Legend Tab.pngボタンをクリックすると@(Letter) argumentsに当てはまる一覧を確認できます。詳細は@オプションの完全リスト を参照してください。

追加フォーマット

変換モード %(1) %(2) に、カスタム が選択されている場合のみ、このコンビネーションボックスが表示されます。凡例カスタムフォーマット では、@L, @V or @WT が選択されます。 追加の形式で、@Ln番目のX値、@Vn番目のY値、@WTはワークシートのn番目の列とm番目の行のセルを入力できます。詳細は@オプションの完全リスト を参照してください。

自動軸タイトルに単位 %(?X) %(?Y)を(可能なら)付ける

このオプションを選択すると、ワークシート列の「単位」セルを軸タイトルに追加します。

自動軸タイトルのプロットインデックス

このオプションは、1つのX列に対して複数のY列をプロットするときに役立ちます。 ドロップダウンリストを使って、自動軸タイトルとしてどの列の情報を使用するかを指定します。

凡例更新モード

これは新しいデータプロットがグラフに追加された時に凡例をどのように変更するか指定します。ドロップダウンリストには3つのオプションがあります。

追加時に更新 グラフの対応するレイヤにデータプロットが追加された場合、新しい凡例を追加します。

Note: これは既存の凡例の形式や構造を変更します。

追加/削除時に再構成 プロットが追加された時に凡例を再構成します。あるいは対応するグラフレイヤから削除します。

Note: 凡例の形式はデフォルトの設定に戻ります。

なし プロットが追加された時に凡例を更新/再構成しません。あるいは対応するグラフレイヤから削除します。

全てのレイヤのプロットを凡例に含める

このチェックボックスにチェックが付いていないと、凡例オブジェクトが作成されたときにアクティブだったグラフレイヤに含まれるデータセットのみが含まれます。 グラフタイプ(二重Y軸グラフテンプレートのように複数グラフレイヤを持つグラフテンプレートなど)によっては、この機能はデフォルトでオンになっています。 有効になっていると、凡例は自動的にグラフウィンドウのすべてのデータセットを含みます。

Note: このオプションはカテゴリー値の凡例1ポイントずつの凡例では使用できません。

凡例のシンボルの幅 (フォント幅の%)

この設定は、凡例のフォントサイズのパーセンテージで、凡例のデータプロットのアイコンの幅を指定します。

この設定は色スケールバブルスケールには影響しません。

アクティブデータセットの標識

アクティブデータセットの標識チェックボックスを選択すると、凡例内のアクティブデータセットに印を付けます。 このチェックボックスが選択されていると、凡例内でアクティブデータプロットのシンボルの周りを四角で囲みます。

さらに、このチェックボックスが選択されていると、凡例内のデータプロットのシンボルアイコンをクリックして、データプロットをアクティブにすることができます。

Note:

  1. このチェックボックスは、凡例を右クリックしてコンテキストメニューから凡例:アクティブデータセットの標識を選択するのと同じです。
  2. データメニューの一番下にあるデータリストやショートカットメニューからアクティブデータプロットを設定することもできます。(例えば、プロットを右クリックして、アクティブにするを選択します。)