メニューの「データ:インポート」および「ファイル:エクスポート」をカスタマイズ


前のセクションで説明したように、「ファイルからインポート」メニューからファイル形式を選択して、指定した形式のファイルをインポートするXファンクションを実行できます。 同様に、「エクスポート」メニューは、アクティブな行列、ワークシート、グラフを選択した形式にエクスポートするのに使用することができます。

Originが起動するときに、次の2つのフォルダ内のXファンクションをスキャンして、動的に構成されるメニューが2つあります。

1.Originプログラムフォルダ内のX-FunctionsフォルダにあるImport and Export サブフォルダ

2.User FilesフォルダのX-FunctionsフォルダにあるImport and Export サブフォルダ

これら2つのフォルダ内のXファンクションは、ファイル名によって、いずれかのメニューに表示されます。

1.「imp」で始まるXファンクションは、「データ:ファイルからインポート」メニューに配置されます。

2.「exp」で始まるXファンクションは、「ファイル:エクスポート」メニューに配置されます。

Note:Xファンクションの利用方法によって、どのXファンクションをメニュー内に表示するかどうかが決まります。 Xファンクションの使用方法に関する詳細は、Xファンクションヘルプの「Xファンクションを作成する」をご覧ください。(オンラインヘルプドキュメントでのみ利用できます。)

Import and Exportメニューを構成するXファンクションの場合、フォルダ内のXファンクションを操作することでメニューをカスタマイズできます。 使用しないファイル形式をメニューから削除したり、非表示にするには、これら2つのフォルダ以外のフォルダにXファンクションを移動するだけです。 一方、新しいインポートまたはエクスポートのXファンクションを記述する場合、 imp*.oxf や exp*.oxf のような名前に変更し、Import and Exportフォルダに保存します。

Origin起動時に毎回Xファンクションをスキャンします。 そのため、Import and Export フォルダにあるXファンクションを変更すると、次回Origin起動時に「データ:ファイルからインポート」および「ファイル:エクスポート」メニューが更新されます。

インポートメニューカスタマイズダイアログ

メニューのデータ:ファイルからインポート:ファイルの種類の追加/削除...から、インポートメニューのカスタマイズダイアログを開き、データ:ファイルからインポートメニューに表示するファイルタイプとインポートテーマを指定します。

Customizing the File Import 01.png

このダイアログを使って、

  • 左上のドロップダウンリストから、ファイルの種類、または、ユーザテーマを選んで、サポートされている全てのファイルや保存されているダイアログテーマを、左のパネルに表示します。インポートウィザードのoifフィルタまたはimpASCツールのダイアログテーマを保存した場合は、このドロップダウンリストからユーザテーマを選択し、それを選択してファイルからインポートメニューに追加すると、すばやく再利用できます。
  • 右のパネル中の右/左矢印ボタンで、ファイルタイプまたはテーマを追加/削除して、データ:ファイルからインポートメニューをカスタマイズします。
  • リセットボタンをクリックして、 ファイルからインポートメニューをリセットして、上/下矢印ボタンで右のパネルで選択した項目を移動します。
  • 「ファイルの種類の追加/削除"メニューの表示チェックボックスのチェックによって、ファイルからインポートメニューのファイルの種類の追加/削除...のメニュー項目を表示するかどうかを指定します。
一旦、"ファイルの種類の追加/削除"メニューの表示チェックボックスのチェックを外すと、インポートメニューのカスタマイズダイアログは、インポートフィルタ・マネジャーでのみ開くことができます。