ユーザインターフェースからメタデータにアクセスする

ユーザインターフェースを使って、インポートしたファイルの関連ワークブックメタデータにアクセスする方法は2つあります。

  • メタデータを変数 にリンクして、ラベルオブジェクト (テキスト、凡例など) またはワークブックセルにそれらを挿入。

ワークブックオーガナイザでメタデータを表示

ファイルをワークブックにインポートしたら、タイトルバーを右クリックして、ショートカットメニューから「オーガナイザの表示」を選びます。2つの領域にメタデータが表示されているのが分かります。

  • page.info領域に保存されているメタデータは、左側の領域で、page.infoまたはそのサブノードを選択します。
  • バイナリ保存領域に保存されているメタデータは、左側の領域で、『インポートしたファイル』の下のファイル名を選択します。

メタデータと変数をリンクして、ワークシートセルに表示

ワークシートセルに変数を挿入するには

1.変数値を挿入したいセルで右クリックし、ショートカットメニューから「変数の挿入」を選択します。

2.「情報変数の挿入」ダイアログボックスで、変数を選択し、「挿入」ボタンをクリックします。

詳細は、「グラフ、イメージ、他のオブジェクトをワークシートセルに挿入する」をご覧ください。

Note:複数のセルに同時に変数を挿入することができます。手順2で、n個の変数を選択すると、最初の変数は手順1で選択されたセルに挿入されます。変数2から変数nは、最初のセルの下のセル2からセルnに挿入されます。

詳細は、Xファンクション「insertVar」のヘルプをご覧ください。

メタデータと変数をリンクして、グラフに表示

ラベルオブジェクト(テキストオブジェクト、凡例オブジェクト)に変数を挿入するには

1.ラベルオブジェクトの編集モードに入り、CTRL + Hを押します。「情報変数の挿入」ダイアログボックスが現れます。

2.変数を選択し、「挿入」ボタンをクリックします。

詳細は、『テキストおよび図形オブジェクトを追加する』にある『グラフ』の『インポートしたASCIIファイルから抽出した変数をテキストラベルに挿入する』をご覧下さい。