テキストラベルを作成する


Originウィンドウにテキストラベルを付加する最も簡単な方法は、OriginのWYSIWYG(What You See Is What You Get の略。ディスプレイ画面で見たものをそのまま出力できること) のインプレーステキスト編集機能を使うことです。

  • テキストラベルを作成するには、「プロット操作・オブジェクト作成」ツールバーの「テキスト」ツールを使用します。
  • 書式スタイルツールバー、ミニツールバーそしてテキストオブジェクトのプロパティダイアログを使用して、書式とスタイルのオプションを設定し、オブジェクトをLabTalk変数とスクリプトにリンクし、オブジェクトの接続方法とオブジェクトの場所を指定します。
  • シンボルマップ(インプレーステキスト編集モードで右クリックして利用可能)を使用して、ラベルにシンボルを追加できます。
  • 情報変数の挿入(インプレース編集モードで右クリックして利用可能)を使用してラベルに列ラベルのメタデータを追加できます。

新しいテキストラベルを作成・カスタマイズする

  1. テキストツールButton Text Tool.pngボタンをクリックします。
  2. Originウィンドウ(グラフ、ワークシートなど)内の作成したい場所でクリックします。

または、

  1. ウィンドウ内の作成したい場所で右クリックします。
  2. ショートカットメニューからテキストの追加を選択します。


次の組み合わせを使用してテキストを入力・カスタマイズします。

  • 書式およびスタイルツールバーのボタンからオプションを選択します。
Creating a new text label 01.png
  • テキストオブジェクトを選択すると、オブジェクトのミニツールバーのボタンを使用できます(テキストの位置など)。
MT text object alignment.png
  • テキストの折り返しのオンとオフを切り替えるには、オブジェクトのミニツールバーのテキストの折り返しボタンをクリックします。または、プロパティダイアログのタブにあるテキスト折り返し、高さ調整チェックボックスをオンにします(次の項目を参照してください)。
MT text object wrap text.png
  • すべてのテキストオブジェクトプロパティにアクセスするには、オブジェクトを右クリックしてプロパティを選択します。

Note:テキストラベルを作成するとき、レイヤフレーム内部でクリックしてテキストラベルを作成した場合、このラベルは自動でレイヤに接続されます(オブジェクトの接続とスケールを確認してください)。 テキストラベルがレイヤ枠に接続されると、レイヤを移動したり、大きさを変えると、レイヤ枠の大きさや位置により、強制的にオブジェクトの大きさや位置も変わります。 レイヤの外側でクリックして、テキストラベルを作成すると、テキストラベルは自動的に「ページ」に接続し、この場合、レイヤの位置や大きさが変わっても、テキストラベルの位置や大きさは変わりません。

テキスト編集のショートカットキー

ショートカットキーを使ってツールバーボタンと同じようにスタイルのフォーマット設定を行うには、次のキーを使います。

制御 キーの組み合わせ
太字 CNTRL + B, CNTRL + SHIFT + B
斜体 CNTRL + I, CNTRL + SHIFT + I
下線付き CNTRL + U, CNTRL + SHIFT + U
ギリシャ文字 CNTRL + G, CNTRL + SHIFT + G
上付き CNTRL + SHIFT + =
下付き CNTRL + =
上下両付き CNTRL + -
フォントサイズを大きく CNTRL + SHIFT + >
フォントサイズを小さく CNTRL + SHIFT + <
すべて選択 CNTRL + A, CNTRL + 5 (数字キー)

テキストラベルの大きさを変える

テキストラベルの大きさを変えるには:

  1. 一度ラベルをクリックします。
  2. 書式ツールバーのフォントサイズボックスから目的のフォントサイズを選択します。

または、

2. 「書式」ツールバーのフォントを大きくまたはフォントを小さくボタンButton Increase Font.pngButton Decrease Font.png

Note: テキストオブジェクトのサイズを素早く調整するには、オブジェクトを選択してハンドルをドラッグします。

テキストラベルを回転させる

テキストラベルを回転させるには:

  1. テキストラベルを2回クリックします (ダブルクリックにならないように、クリックの間隔を長くします)。回転の起点となるシンボルCreating Text Labels 02.pngがラベルの中央に表示され、ラベルの角に回転のハンドルが表示されます。
  2. 回転用のコントロールハンドルをドラッグします。

Note: 回転角度はオブジェクト・プロパティダイアログボックス(メニューのフォーマット:オブジェクト・プロパティ)に表示されます。


回転用のコントロールハンドルを利用できないようにするには:

  1. メニューの環境設定:オプションを選択し、オプションダイアログボックスを開きます。
  2. テキストフォントタブを選択し、単純選択モードチェックボックスにチェックを付けます。

インプレースのテキスト編集モードを使用しないようにする

これは、古いバージョンのOriginのテキスト編集方法(バージョン7以前)でテキスト編集を行いたいユーザ向けの情報です。

インプレースのテキスト編集モードを使用しないようにするには:

  1. メニューの環境設定:オプションを選択し、オプションダイアログボックスを開きます。
  2. テキストフォントタブを選択し、インプレース編集を使わないチェックボックスにチェックを付けます。
  3. OKをクリックします。 起動時のオプションとして保存するかどうか尋ねられますので、これをデフォルトの設定にするには「はい」をクリックします(このセッションだけ利用する場合は「いいえ」をクリックします)。

インプレースのテキスト編集が利用できない場合、ラベルをダブルクリックすると、オブジェクト・プロパティダイアログボックスが開きます。 このダイアログボックスは以前のOriginのテキスト入力時に使用していたものです。 インプレースのテキスト編集に比べると直感的なものではありません。

リンクと変数の挿入

最も基本的なテキストラベルは単純な静的オブジェクトですが、Originラベルは、テキストオブジェクトのプロパティダイアログボックスを介して変数値に動的にリンクできます。ラベルを変数にリンクする方法が2つあります。

  • 変数の挿入:LabTalkスクリプトと相互に影響するレベルを含む
  • 情報変数の挿入によるメタデータへのリンク

オブジェクトプロパティ、高度なテキストラベル指定

ラベル変数リンクに加えて、凡例およびデータラベルオブジェクトの指定をなどは、テキストオブジェクトのプロパティダイアログから利用できます。

  • テキストタブでは、テキストオブジェクトの編集と書式設定ができます。
  • シンボルタブ(凡例オブジェクトのみ)では、凡例をカスタマイズできます。
  • タブでは、オブジェクトフレーム、塗りつぶし、余白などをカスタマイズできます。
  • 位置タブでは、オブジェクトの位置、移動などを制御できます。
  • 引出し線タブ(データラベルオブジェクトのみ)では、引出し線を制御できます。
  • プログラムタブには、オブジェクトを変数およびスクリプトにリンクするためのコントロールが含まれています。

LabTalkを使用してテキストラベルのカスタムフォーマットを行う

テンプレートなどを作成する場合、LabTalkスクリプトを組み込んで、Originのフォーマットを使用してテキストラベルをフォーマットできます。

手順:

  1. 以下に示すように、テキストラベルを作成してLabTalk置換を有効にします。
  2. テキストラベルを右クリックしてプロパティを選択し、プログラミング タブで(%, $)にリンク、置換レベル1にします。


サンプル:

テキストツールButton Text Tool.pngを選択してグラフまたはワークシートをクリックします。

  • 37.34255という数字から始めて、これを$(37.34255, D MS)とフォーマットすると、37° 20' 33となります。
  • (ユリウス日)番号2458421ら始めて、これを$(2458421, D1)とフォーマットすると、2018年10月30日火曜日となります。
  • 203465987から始めて、これを$(203465987, S*3)とフォーマットすると、2.03E + 08となります。


テキストラベルのカスタムフォーマットの詳細については、Originのフォーマットを参照してください。

ワークシート内の数値データのカスタム書式設定の詳細については、カスタム数値フォーマットをご覧ください。

シンボルマップを使ってテキストラベルに特殊文字を入力する

テキストラベルに特殊文字を入力するには

  1. テキスト編集モードのまま右クリックして、ショートカットメニューからシンボルマップを選択します。シンボルマップダイアログボックスが開きます。
    Creating Text Labels 03.png.
  2. ドロップダウンリストから特殊文字を含むフォントを選びます。
  3. ギャラリーの中から特殊文字を選び、ダブルクリックするか、挿入ボタンをクリックして、特殊文字をテキストラベルに追加します。

Note:

テキストラベルに文字を挿入するシンボルマップダイアログは、Unicode 文字をサポートしています。Arial Unicode MSなどのUnicode対応フォントを使用して、数学/特殊記号とさまざまな言語文字(キリル文字、ヘブライ語、アラビア語、韓国語、中国語、日本語など)の豊富なレパートリーを入力できます。

Unicode文字を挿入するには、フォントの横のUnicodeチェックボックスをオンにしてから、シンボルギャラリーで特殊文字を選択します。対応するUnicode値がわかっている場合は、Unicode値(16進)テキストボックスに「U +」に続く数字を入力して、その文字を直接指定することができます。詳細な情報は、テキストラベルに特殊文字を追加するを確認してください。

特殊文字にショートカットキーの割り当てをする

テキストラベルに特定の文字を頻繁に使用する場合は、シンボルマップを使用せずにそれらの文字を挿入するためのショートカットキーを作成できます。

これを行う最も簡単な方法は、目的の文字をテキストラベルに先に挿入しておくことです。 そして、

  1. テキストオブジェクトをダブルクリックして、内部テキスト編集モードに入り、ショートカットにしたい文字列を選択します。
  2. テキスト上で右クリックしてショートカットの割り当てを選択します。 「ショートカットの割り当て」ダイアログボックスが開きます。 選択したテキストが文字列テキストボックスにあります。
  3. キーからショートカットを選択します。
  4. 追加ボタンをクリックします。

手動で文字テキストボックスに文字列を入力することができます。 しかし、この場合は、書式設定 (例:\b(text)など)も、手動で入力する必要があります。 例えば、ギリシャ文字\Piのショートカットを作成するには、

  1. テキストツールをクリックし、グラフウィンドウをクリックします。 インプレースのテキスト編集モードになります。
  2. 右クリックして、シンボルマップを選択します。
  3. \Piを選択して、挿入をクリックします。
  4. 閉じるボタンを押します。
  5. 文字をを選択して右クリックします。
  6. ショートカットの割り当てを選択します。
  7. キーからショートカットを選択します。
  8. 追加をクリックします。
    Creating Text Labels 04.png
  9. OK をクリックして、ダイアログを閉じます。

\Piのショートカットとして、内部編集モードでCTRL+0(このサンプルの場合)を使用できます。

詳細はエスケープシーケンスをご覧下さい。


ショートカットを削除するには:

  1. 再度ショートカットの割り当てダイアログボックスを開きます。
  2. 現在のショートカットから削除したいショートカットを選びます。
  3. DELETEキーを押します。


このセクションで説明している項目