アプリ

概要

アプリ は、特別なグラフ作成や分析タスクを行うためのカスタムアプリケーションです。これらのアプリは、Originにあらかじめインストールされていません。OriginLab社のWebサイトのファイル交換の場から、必要なアプリをダウンロードして、インストールします。これにより、ユーザは必要なアプリのみを自由に追加でき、Originの製品版リリースとは独立してアプリを配布することができます。また、Originのユーザコミュニティもアプリの開発や共有が可能です。アプリの作成方法については、ワークスペースのアプリフォルダを使用してアプリを作成するチュートリアルを確認してください。

アプリギャラリー

インストールされたアプリは、Originインターフェースのアプリギャラリーで確認できます。デフォルトでは、アプリギャラリーはワークスペースの右側に表示されます。表示されていない場合、表示:アプリ で開きます。

ギャラリーウィンドウの一番上にあるアイコンはアプリの追加 アイコンで、これをクリックするとアプリセンター ダイアログに移動します。このダイアログでは、関心のあるアプリを探したり、新しいアプリをダウンロードしてインストール出来ます。インストール済のアプリも更新できます。

インストール済の全てのアプリはアプリを追加の後に、ギャラリーウィンドウ中に表示されます。アイコンをクリックすると、アプリを起動できます。また、アイコンを右クリックすると、アプリを非表示にしたり、アンインストールできます。

Origin Apps.png

タブの位置を調節するには、システム変数@ABOの値を変更します。

アプリのインストール

2つ方法が可能です:

  • アプリセンター から直接インストール
  1. アプリの追加 アイコンをクリックし、アプリセンターを開きます。
  2. 新着と人気 タブでは、新着または人気の高いアプリを開いて一覧できます。検索 タブではアプリの検索が可能です。
  3. インストールしたいアプリの横にあるAppCenter download button.png ボタンをクリックして、直接ダウンロードとインストールを行えます。

次のメニューにあるアプリ検索...をクリックすることもできます。

  • 解析: フィット
  • 解析: ピークと基線
  • 統計

この操作でアプリセンターを開き、フィットなど選択したメニューに関連するアプリのみが表示されます。各アプリのDownload and InstallアイコンAppCenter download button.pngをクリックしてインストールします。


  • ファイルの交換の場からダウンロードして、手動でインストール
  1. ファイル交換の場のページを開きます。興味のあるアプリを探し、そのアプリのページを開きます。
  2. ファイルをダウンロードします。アプリはOriginのパッケージファイル(OPX)として配布されます。
  3. このファイルをOriginのワークスペース内にドラッグアンドドロップします。なお、ファイルをドラッグアンドドロップする時には、Originを管理者として実行しないでください。

    一度Webサイトのファイル交換の場を開き、メインページに移動すると、フィルタ等のコントロールを使用して興味のあるアプリを検索できます。アプリに加え、ファイル交換の場ではツール、テンプレート、フィット関数、サンプルファイル等を提供しています。このようなファイルの取得、インストール方法といった情報は、各ページで提供されています。

    ファイル交換の場でアプリのみ参照するには、種別で制限ドロップダウンリストからアプリを選択してフィルターの適用ボタンをクリックします。

アプリのインストールが完了すると、アプリギャラリーにアイコンが表示されます。アイコンをクリックして、アプリを起動できます。

アプリギャラリーのタブ内でアプリをアルファベット順やインストール日順にソートしたい場合、タブ内の何もない領域で右クリックしてアプリのソートを選択します。

アプリの更新

アプリの新しい/更新バージョンが利用可能な場合は、アプリギャラリーウィンドウにあるインストール済のアプリアイコンに、赤いドットが表示されます。

Origin Apps 10.png

同時に、赤いドットがアプリの追加ボタンに表示され、更新が必要なアプリがあることを通知します。

Origin Apps 11.png

アプリを更新するには、次の方法があります。

  • アップデートするには、アイコン上で右クリックして更新をダウンロードしてインストールを選択します。


または、

  • アプリの追加ボタンを右クリックしてすべて更新を選択すると、一度に新しいバージョンまたは更新されたバージョンを持つすべてのアプリケーションを更新できます。

あるいは、

アプリセンターにあるそのアイテムの右側に、更新ボタンAppCenter update button.png が表示されます。更新が可能なアプリ全体と対応するアイテムがアップデート タブに表示されます。全てを更新するにはすべて更新ボタンをクリックするか、更新したいアプリの横にある AppCenter update button.png ボタンをクリックします。

システム変数ダイアログで@AUA = 1を設定して、インストール済みのアプリの自動更新をオンにします。

利用可能なアップデートを持つアプリの対応するWebページに直接アクセスすると、ページの更新セクションに最新バージョンのアプリに加えられた変更が一覧表示されます。

また、ファイル交換の場のWebサイトを開いて、アプリや他のファイルが更新されているかを確認できます。

アプリのアンインストール

アンインストールの方法は簡単です。アプリギャラリーでアプリアイコンを右クリックして、アンインストールを選択します。

Origin Apps 02.png

ツールバーボタンとしてアプリを追加

アプリギャラリーからアクセスする方法のほかに、アプリをツールバーボタンとして追加することも可能です。Originは、カスタマイズダイアログのボタングループタブでアプリボタングループを提供しています(表示:ツールバーここにはインストールされた全アプリのボタンが含まれています。Originのワークスペースにボタンをドラッグアンドドロップして個別のツールバーを作成したり、既存のツールバーにドロップして追加することもできます。

Origin Apps 05.png

パッケージマネージャー

ツールメニューから利用可能なパッケージマネージャを使用して、テンプレート、LabTalkスクリプト、Origin C、Xファンクション、アイコン画像、DLLなどの複数ファイルを統合してOriginのパッケージファイル(OPX)を作成できます。このツールには、アプリ作成のための特別なツールがあります。また、このツールを使用して、インストール済みのアプリのインストールやアンインストール、修正、再パックが可能です。パッケージマネージャの文書で詳細を確認してください。