クライアントにOriginをインストール、またはファイルサーバに展開

このページでは、Originの展開方法を紹介します。ネットワーク同時起動版/マルチシート両方に対応しています。

はじめにお読みください

Originの配布方法

OriginLabは、2種類のインストーラを提供しています。

  • InstallShield セットアップ - DVD、体験版のダウンロード、ご購入後に電子メールでお送りするダウンロードリンクから入手できます。(注:複数ユーザーに展開したい場合は、exe形式ではなくzip形式のダウンロードを選択してください。)
  • MSI インストーラ - こちらからダウンロードしてください。

InstallShield セットアップの利点

InstallShield セットアップの利点は、必要なMicrosoft(MS)DLLがコンピュータに存在するかどうかを確認し、存在しない場合は、InstallShield セットアップが必要なMSインストーラを自動的に実行してDLLをインストールすることです。
MSIとの違い - OriginのMSI インストーラは、MSインストーラを自動的に実行できません。したがって、MSIからOriginを展開する場合は、MSインストーラとそれらをインストールするためのバッチファイルを含めることをお勧めします。

MSI インストーラの利点

グループポリシー(GPO)を使用してOriginを展開する場合、MSIインストーラのみを選択でき、InstallShieldセットアップは選択できません。
MSIインストーラを使用すると、ユーザがOriginをサイレントインストールできるようにスクリプトを準備できます。.iniファイルは、シリアル番号、インストールフォルダ、ユーザーファイルフォルダ(ユーザは最初の起動時にこれを選択するように求められます)などを事前設定するために使用されます。同時起動版の場合、FLEXnetサーバーを事前設定することもできます。
InstallShieldセットアップでは.iniファイルを使用できますが、MSIインストーラは複数ユーザへの展開に適したタイプです。これにより、管理者は別の「変換」(MSTファイル)を使用して、より多くの構成を事前設定したり、MSIインストールデータベースのデータを置き換えたりすることができます。変換の詳細については、こちらをご覧ください。

次の手順は、InstallShieldセットアップとMSIインストーラの両方に適用されます。

設定をカスタマイズしたインストーラの用意

Config.iniでインストールの設定をカスタマイズする

Config.iniとは何か、Config.ini でできること

Config.iniファイルは、インストール設定を事前設定/カスタマイズするための構成ファイルです。Origin 2019以降のバージョンで使用可能です。InstallShield セットアップの場合、Originセットアップファイル(zip形式のインストーラ)に付属しています。MSIインストーラの場合、個別にダウンロードできます。

Config.iniの内容

オプションとして、Config.iniファイルで次の設定を構成できます。メモ帳で開いて閲覧し、編集することができます。各設定の理解に役立つ詳細なコメントが含まれています。

インストール設定

[Setup]セクションですべてのインストールデータを事前設定します。

- シリアル番号、ユーザー名、会社情報、インストールパス、PythonコンソールとSPSSインポートを有効にするかどうかを事前設定
- Originをサイレントインストールするかどうかを決定します(注:これはInstallShieldセットアップにのみ適用されます。MSIをサイレントインストールするには、/quietスイッチを使用してコマンドラインを実行できます。)

Note: OriginをサイレントモードでインストールするためにQuietMode = 1に設定した場合、以下の項目を事前設定する必要があります。

AcceptOriginLabLicenceAgreement=1
SN=
UserName=
Company=

他の項目は、指定されていない場合、次のデフォルト値を使用します。

InstallPath=C:\Program Files\OriginLab\Origin####
EmbeddedPython=1
SPSSImport=0
AllUsers=1
ProgramFolder=C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\OriginLab Origin ####
Originフォルダのパス
  • ユーザファイルフォルダ
- ユーザファイルフォルダを[Locations]セクションで事前設定します。
- Originを最初に起動するときに、事前設定されたパスでユーザファイルフォルダダイアログを表示するかどうかを決定します。
  • 自動保存フォルダ、バックアッププロジェクトフォルダ、未保存プロジェクトフォルダ
- 自動保存フォルダ(AutoSave)、バックアッププロジェクトフォルダ(Backup)、未保存プロジェクトフォルダ(Unsaved)のルートフォルダを[Locations]セクションで事前設定します。
  • アプリ
- アプリフォルダ(Apps)を[Apps]セクションで事前設定します。

Note:Config.iniに事前設定されたフォルダパス(たとえば、ユーザーファイルフォルダまたは自動保存フォルダ)がある場合、以前のバージョンから古い設定を引き継ぐ代わりに、それらが使用されます。

ライセンス管理
ネットワーク同時起動版の場合、config.iniの[License]セクションにライセンスサーバとポート番号(存在する場合)を入力します。
Originが以前にインストールされている場合、Replaceオプションを設定して現在のサーバー情報を更新するかどうかも決定できます。(注:Replaceオプションは、InstallShieldセットアップ config.iniファイルでのみ使用でき、MSIインストーラでは使用できません。)

オプションの手順

プロダクトキーの事前設定

マルチシート版ライセンスをお持ちで、エンドユーザのプロダクトキーを事前設定して、Originを自動的にアクティブ化できるようにする場合は、グループプロダクトキーをリクエストして、インストーラファイルが配置されているフォルダ内のpk.txtファイルに保存できます。

インターフェイス設定、テンプレート、フィット関数などのカスタマイズファイルを自薦設定する。

メニューやボタン、グラフテンプレート、フィット関数などのエンドユーザのOriginを事前にカスタマイズしたい場合は、インストーラファイルが配置されているフォルダにUpdateUserFilesフォルダを作成し、カスタマイズしたファイル(OMC、XML、 ogwu、fdfなど)をUpdateUserFilesフォルダに移動します。これらは、Originを初めて起動したときに、各ユーザのユーザファイルフォルダにコピーされます。

opx/opkファイルの事前設定

2つの仕組みを利用できます。
  • Origin セットアップフォルダ(Setup.exeまたはMSIを含む)にUpdateUserFilesという名前のフォルダを作成すると、Originプログラムフォルダにコピーされます。Originを起動すると、UFFにコピーされます。
  • Origin セットアップフォルダ(Setup.exeまたはMSIを含む)にAuto Installという名前のフォルダを作成すると、Originプログラムフォルダにコピーされます。Originを起動すると、含まれている opx / opk が自動的にインストールされます。

レジストリに保存されたシステム変数を事前設定する

Origin セットアップフォルダ(Setup.exeまたはMSIを含む)のConfig.iniを、メモ帳で開きます。[SysVar]セクションを見つけて、ここに事前設定するシステム変数を追加します。Originをインストールすると、指定したシステム変数が設定されます。

Originインストールパッケージの配布

  1. Originセットアップファイルをコンピュータ「A」のフォルダにコピーします。Note:コンピュータ「A」は、すべてのOriginユーザが接続できるネットワーク上に存在する必要があります。
  2. その変更されたConfig.inipk.txtファイルおよびUpdateUserFilesフォルダ(ある場合)が、setup.exeがあるOrigin Setupフォルダにあるのかを確認します。
  3. このフォルダーを完全な読み取り/書き込み権限で共有し、UNC共有名をメモします。(例: \\A\Origin\)
  4. すべてのユーザにメールを送信して、setup.exe/msiファイルの実行を依頼します。ユーザは、管理者特権を持つログインアカウントを使用してコンピュータにログインする必要があります。また、ユーザのコンピュータはコンピューター「A」にアクセスできるネットワーク上に存在する必要があります。

Note:

  • このインストール方法は、Originをターゲットコンピュータにのみインストールします。
  • ネットワーク同時起動パッケージでは、登録はオプションです。ユーザがOriginを登録したいときは、メニューのヘルプ:Help: オンライン登録登録ダイアログを開いて登録します。

MSIインストール

MSIインストーラーインストールパッケージをセットアップする方法の詳細については、このページを参照してください。

グループフォルダによるインストール後の更新

グループフォルダは、Originがファイルを配布するために提供するオプション機能です。複数のOriginユーザーがいるサイト/組織で使用できます。どのライセンスタイプにも対応しています。グループリーダーとグループメンバーのライセンスタイプが異なる場合でも。グループフォルダを使用してそれらの間でファイルを共有できます。

グループフォルダ機能には、1つまたは複数のグループリーダーの設定が含まれます。たとえば、グループリーダーは組織の部門レベルで設定できます。組織内のすべてまたは任意の数のOriginユーザーとOriginProユーザーが、同じグループリーダーを共有できます。リーダーは、グループのメンバーにファイルを配布することができます。

グループリーダーを設定し、メンバーに対してカスタムOriginファイルとパッチを配布できます。それを行った後、Originをセットアップして、グループリーダーからの更新を受信するように事前定義することができます。

グループリーダーとグループメンバーのセットアップ

はじめに、グループリーダーのPCのグループフォルダを設定します

次に、メンバーのPCのグループフォルダを設定できます

グループフォルダマネージャを使用してファイルを公開する

グループリーダーは、グループフォルダマネージャを使用してファイルをグループフォルダに追加、削除し、グループのメンバーに公開します。このツールの使い方の詳細についてはグループフォルダマネージャのドキュメントをご参照ください。

グループメンバーがグループフォルダを指定した後、Originの起動時に、グループフォルダに新しいファイルが存在する場合、ファイルが更新されたことを通知するメッセージが表示されます(サポートされているファイルのみで、パッチは対象外です)。パッチの場合は、アップデートが利用可能であり、アップデートを実行するにはOriginの再起動が必要である旨が表示されます。

共有グループフォルダのファイルは、ユーザファイルフォルダにあるグループメンバーの \ GroupShared \ フォルダにコピーされます。

ファイルは、テーマオーガナイザ、フィット関数オーガナイザなどのさまざまなOriginダイアログで利用可能になります。ファイルには、グループフォルダからのファイルであることを識別するために(グループの)先頭タグが付いています。

公開できるファイルの種類

  • Originでサポートしているファイル:プロジェクト、テンプレート、フィット関数などです。
    Note:事前定義したシステム変数があり、それをopxファイルで共有したい場合は、opxファイルをユーザファイルフォルダ下の \GroupShared\ フォルダから移動する必要があります。そうしないと、opxファイルは自動インストールされません。
  • Originのサービスリリースを公開
    バージョン内で、OriginLabは通常、リリースバージョンで見つかった問題を修正するために1つ以上のサービスリリースを公開します。通常、サービスリリースはパッチとして提供されます。
    1. 最初にグループリーダーのPCにパッチを適用する必要があります。完了したら、PCを再起動します。
    2. グループフォルダマネージャを使用して、グループリーダーに適用したパッチファイルを公開します。
    3. これで、OriginグループメンバーがOriginを開始すると、グループリーダーからパッチを入手できるというメッセージが表示されます。パッチを適用してOriginを閉じると、パッチプログラムの実行が開始されます。
  • FLEXnetサーバを移行し、新しい場所のメンバーを更新する(同時起動ネットワークパッケージ)
    FLEXnetサービスを別のPCに移動した場合、グループフォルダ機能を使用して、この新しい場所で同時起動ネットワークパッケージのメンバーを更新できます。
    1. 新しいFLEXnetサーバをセットアップし、サービスを正常に実行した後、グループリーダーのライセンスフォルダ(通常は非表示)にあるUSE_SERVER.licファイルを編集できます。次の場所にあります:
      C:\ProgramData\OriginLab\License
      FLEXnetサーバ名を<FLEXnet server>とすると、このファイルには通常、次のテキストが含まれます。
      SERVER <FLEXnet server> ANY
      USE_SERVER

      FLEXnetサーバーの3台冗長構成もサポートされています。たとえば、3つのサーバ<one>、<two>、<three>、およびポート12345、23456、34567がある場合、USE_SERVER.licファイルは次のようになります。

      SERVER <one> ANY 12345
      SERVER <two> ANY 23456
      SERVER <three> ANY 34567
      USE_SERVER
    2. この変更が行われ、OriginグループリーダーのPCが起動されると、このファイルは自動的にグループフォルダに公開され、Originグループメンバーには、「同時起動ライセンスサーバの設定が更新されました。OKをクリックして再起動してください」というメッセージが表示されます。